埼玉県越谷市蒲生の整骨院、腰の痛み、首の痛み、膝の痛み、不定愁訴の痛み 体の冷え、内臓の不調、交通事故後のサポート、手のしびれ、足のしびれ、骨盤矯正、整体、はり

その一歩が明るい未来へ 白寿堂鍼療所・整骨院

埼玉県越谷市蒲生旭町10-23     ☎ 048−986−7073
ホーム > 老人の楽園



 最近、忘れてない


投稿:白寿堂の建ちゃん

どうもこんにちは|д゚)

最近、よく寝落ちするんだよなあ…

季節の変わり目のせいなのか家のソファーが良すぎるのか…

うん、きっと後者だな(*'▽') そうだそうだ♪

で?今日は何を書くんでしたっけ?(´・ω・`) ←早速、忘れかますとい

う♪



なんて冗談を置いといて、今日は前回、最後に伝えた通り、健忘症に

ついてでしたね。

さてさて、超高齢社会になって、認知症の話題がよく取りざたされます。

加齢によって脳の機能に病変が生じ、基本症状の記憶障害(もの忘れ)

が激しくなるなど、認知症についてはさまざまなことが解明されています。

でも「もの忘れ」は認知症だけではないんですよ(;'∀')

最近、20〜30代の若者にも見られる病的なもの忘れそれが

「若年性健忘症」と呼ばれますm(__)m




1.健忘とは?


 一定の期間、またはある事項について記憶がなくなることを「健忘」

といいます。


全部忘れる「全健忘」もありますし、一部は覚えている「部分健忘」

もあります。れい

また、ある時点から後のことを、新たに覚えられない「前向性健忘」

と、反対に、ある時点よりも以前のことを思いだせない「逆行性健忘」

とがあります。


さらに、精神医学的には原因別に、次のようなさまざまな健忘に分類

されています。



1−1.心因性健忘


 脳に器質的な障害が見れない、ストレスなどによって起こる



1−2.外傷性健忘

 頭部外傷をきっかけとして起こる



1−3.薬剤性健忘

 飲酒やある種の薬剤の使用によってみられる


1−4.症候性健忘

 身体疾患の症状として認められる(例. 脳血管障害など)

1−5.認知症による健忘




2.若年性健忘症とは??

現在、若年性健忘症は正式な病名ではありません。

20代〜30代に見られる記憶障害で、もの忘れから記憶喪失まで、

程度は千差万別といわれます。

共通する症状として、「モノが覚えられない」「モノを忘れる」

「今日の日付・曜日がわからなくなる」「人の話が理解できなくなる」

など、老人性の認知症と似ているとされています。

しかし、認知症は脳に機能的な障害や病変が生じていることがわかって

いますが、若年性健忘症には、脳波計やMRIなどには異常が認められ

ないとされています(;´Д`)


また、記憶には何かを認識したときから記憶に固定されるまでの時間に

よって、瞬時の「即時記憶」、数分から数日程度の「近時記憶」、

「数週間から数十年にわたる「遠隔記憶」に分けられますが、

若年性健忘症では、このうち、近時記憶が障害されているケースが多い

ようです。

例えば、知人の名前を忘れてしまった、ついさっき聞いたはずのことが

思い出せないなどです。そして、そうした健忘によって日常生活や仕事

などに悪影響がよくでてしまっている状態を指しています。

単なる「ど忘れ」の域を超えてしまっているということです(;O;)




2.原因として考えられること・・IT化の影響??

精神医学的には若年性健忘症は、心因性健忘に属するかも知れません。

ストレスが原因となって健忘が日常に起きているということですが、

その原因として指摘されていることに、IT化があります。

スマホ・PC・タブレットなどIT端末に頼り過ぎて、脳が働かなくな

り、若年性健忘症をひき起こしているのではないかという仮説です。

メモリーがあるのでいちいち覚えておかなくてもよいとか、自分の手で

文字を書いたり漢字を思い出さなくてもよいといったことが、脳を

働かせなくても事足りるような状態を作り出しているのは否めません。




3.20代と30代とでは異なる原因も!!


こうしたIT化の影響のほかにも20代では、はじめて一人暮らしを

する、就職するなど「生活の変化が激しいこと」「夜更かしによる

睡眠不足」「暴飲暴食」などが若年性健忘症をもたらすストレス因に

なっていると言われます。

そして、30代では、20代よりも大人としてのストレス、つまり

「仕事が忙しすぎ」たり、人間関係や生活上のさまざまなストレスを

同時にこうむっていることの影響、つまり「過度のストレス」と

いったことが、特異なストレス因と想定されています。





4.どうすればいいの??


正式な医学的病気ではないので、これまで述べてきたことで言えば、

生活習慣を改善するとか、過度にITに頼らないような生活を工夫

するといったこともあるでしょう。

しかし、日常生活にかなり悪影響を与えてしまい、自分でもどうして

よいのかわからなくなっているなら、病院に受診して治療や相談を

することもできます。





さて、皆さんは忘れはないですか?

正直、本気で私、少しくらいあるんじゃないかと思ってしまっている

今日この頃でございます(*ノωノ)

まあ、IT化のせいも少なからずあるのかと…


皆さんももうIT社会のどっぷり使っているので他人事ではないので

気を付けてくださいね(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

さて、次のお話しのネタをまた仕入れて来ますのでまた次回をお楽しみ

に〜<m(__)m>

最後まで読んでくださった方ありがとうございました♪♪

それではまた〜(^_^)/~








2017年10月16日(月)
<< 漫画からも学べ・心揺さぶられる名言を!白寿堂が教える○○のブログ
2017.10.8
老人の楽園 >>
2017.10.22



はじめのページに戻る





白寿堂鍼療所・整骨院
〒343-0842 埼玉県越谷市蒲生旭町10-23
048-986-7073

Copyright (c) 白寿堂鍼療所・整骨院 All Rights Reserved.
【51#FFFBF7#FFCC99#FF9933